Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/tableinc/web/chairsrepair/wp-content/themes/origin/single-works.php on line 30

2024.05.14

アクタス/ACTUS レザーソファー クッションカバーの張り替えとバネの修理

BEFORE

AFTER

修理内容

モデル名
five by five Fino / ファイブバイファイブ フィノ
修理工賃
¥150000〜¥200000
お預かり期間
4週間
配送方法
自社便
依頼地域
東京都港区
修理内容
アクタスで購入されたという、本革素材のソファーをお預かりさせて頂きました。

お見積もりをご希望頂いた際に、併せてご相談いただいた内容は、まずは座るところのクッション性が悪くなったので、バネやウレタンなどを修理し改善が出来るかどうかという事が一つでした。

そしてもう一つは、革が元々は白い革だったのですが、全体的に色のくすみや、革表面のスレや塗装面の剥がれなども出てきてしまったので張り替えや修理で再生したいのだけれど、ソファー全体の革を張り替えた方が良いものか、もしくは座面・背もたれ・肘掛にクッションがありますが、そのクッションだけの張り替えでい良いものなのかどうか。

そしてクッションだけを張り替えた時に、張り替えをしない本体の革との色や質感のバランスなどはどうなってしまうのかという疑問があったようです。

結果的には今回はソファーの本体側の座面部分にエラスベルトが張られていましたが、そのベルトが伸びて緩んでしまっていたので、座面のクッション性が無くなってしまっていました。
ですので、ベルトの交換をしました。

ソファーの張地については、座面・背凭れ・アーム部分のクッションカバーだけを張り替えさせて頂きました。

本体の革は張り替えないという事になったので、ソファーは一度お預かりした段階で、本体の張り替えない革と色味・質感の合う革を選び張り替えを進めました。
革を選ぶ際にはシボの感じも大事にしています。
100%同じ革は無いので、出来るだけ近い質感や色に近づける為、張り替えた時のイメージを出しつつ選ぶ必要があるので、ここは経験が必要です。

本体の部分の革は張り替えはしませんでしたが、クリーニングを掛け出来るだけ汚れや油分などを取り除き、クッションだけを張り替える事によって、新しい革と、ある程度時間の経った革との差異が出てしまうのでその差異をクリーニングによって無くしていきます。

結果的には張り替えをしなかった本体と、張り替えたクッション部分との革の差異は殆ど無く、オーナー様にも満足いただけた仕上がりになりました。

この度はご依頼をいただき、誠に有難う御座いました。

お客様の声
元々の色と合うか不安でしたが、同じ色合いで選んでくれて大変満足いく仕上がりでした。

使用した生地情報

本革

アモーレ A-08 29,000円~35,000円/半裁

メーカー名

宮内産業

メーカ紹介
品名
アモーレ
品番
A-08
備考
革本来の風合いを備えた代表的な高級革。型押し等の加工は一切行わず自然の外観を表現するこちらの商品は、椅子用革としてのロングラン商品です。
国名
日本
カラー
ブラック
素材
顔料
型押し
生地幅
半裁
厚み
1.2mm ± 0.2
価格
29000円~35000円/半裁
機能性
耐光性(強い) 耐色落ち(強い) 耐シミ(強い)

その他事例

最新修理事例はチェアーズ公式インスタグラムをフォロー!