椅子やソファーのお悩み解決

COLUMN

ソファーや椅子の張り替え前 お客様から頂く質問を集めてみました

ソファーや椅子を張り替えるのが初めて。

こんなボロボロになってしまったけどちゃんと直るの?

などなど、ソファーや椅子の張り替えや修理を依頼する前には、質問を頂くケースも多くあります。

 

張り替えをする前の疑問は個々に違いますが、ソファーや椅子の張り替え前に解消しておきたい疑問など、実際にいただくお声を基に張り替え事例などを踏まえてご紹介していきます。

 

これからソファーや椅子やテーブルなどの張り替えや修理を検討している。

などの方々へ少しでも参考になれば幸いです。

 


1.ペットの引っ掻き傷に困っていた張替え事例

ポルトローナフラウ カウチソファー ガードマンプロ総張り替え

 

 

 

ご相談内容

:薄いベージュ色の本革ソファーを使っていますが、猫を飼っていて引っ掻き傷が多くついてしまっています。

また同じように本革で張り替えると同じように引っ掻き傷が出来てしまうでしょうか、引っ掻き傷に強い合皮などがあれば合皮でも良いと思っています。

なにか良い案はありますか?

 

回答

:本革には顔料仕上げの物と染料仕上げ、又はそれを合わせた仕上げの革がありますが

基本的には顔料で革の表面を仕上げているものが、他の革に比べて退色や傷などには強いですが、ペットの引っ掻きなど鋭利なものの強い力の引っ掻きには強いとは言い難いです。

その為本革に拘りはしないけれど、レザーの質感を残したいという事であればシンコールの「ガードマンプロ」という引っ掻きに強いフェイクレザーがありますので、そちらがお勧めです。

ガードマンプロは犬や猫の爪に見立てた引っ掻きの試験を実施し、通常の合皮では100回の引っ掻きでボロボロになってしまうところが、1000回行っても目立った傷が無かったという結果が出ています。

 

また、耐次亜塩素酸ナトリウムやアルコールの機能があるので、ウィルス対策などでアルコールなどでソファーのメンテナンスを行うケースにも最適です。

 

結果この様なご相談のもと、この事例ではガードマンプロというフェイクレザーにてソファーの張り替えを進めさせて頂きました。

 

※全ての引っ掻きやアルコールなどに耐えうるものを保証するものではありません。

 

 

 

 

【張り替え前】

 

【張り替え後】

 


 

2.革や木部に染みついてしまった匂いの除去に困っていた事例

 デセデ DS-164 ソファー 革の張り替えと木部交換

 

 

 

ご相談内容

 

・今と同じようにこのソファーを本革で張り替えたいのだが、前の持ち主がペットを飼っていたのか分からないが、匂いがキツくしみついてしまっている。

 張り替える事を機に、匂いを除去したいんだけれど何か良い方法はありますか?

 

 

回答と対応

 

・こちらのソファーに関しては、匂いの程度なども分からなかった為一度製品を実際に拝見しに伺いました。

今回は家を新しく建てると同時に、ソファーの張り替えをしたいという事だったので今後の事も考えると匂いはしっかりとなくしたいというご希望でした。

その上で、やはりオーナーが仰られるようにペットのアンモニアの匂いも染みついてしまっていました。

 

結果、土台となる木部のフレームから新しく作り替え、ウレタンクッションも交換し、革の張り替えをさせて頂きました。

 

 

【張り替え前】

 

【張り替え後】

 


3.生地に汚れやシミを懸念していた張替え事例

 カッシーナイクスシ― チェアマンソファ 撥水後加工の生地で張り替え

 

 

 

ご相談内容

 

・カッシーナのチェアマンソファーをオーダーで3シーターの仕様にして作ってもらったものです。

布地を希望しているのですが、汚れや水分などによるシミが後々つかないか心配です。

何かよい案はありませんか?

 

回答

 

・布地の種類も多数ありますが、布は吸水性が高く仰る通り飲みこぼしなどによる水分を

放置しておくと、染み跡などになる場合もあります。

その為、撥水加工の施されている生地もあるので、その様な生地を選ばれるのも良いかと思います。

 

結果

 

生地選びにあたって、幾つかデザインや質感など気になる生地を選んで頂きましたが、選んで頂いた生地はどれも撥水や防汚加工などがされていない生地でした。

その為、まずはお気に入りの生地を選んで頂き、その後に選んだ生地に「パールトーン加工」を後加工させていただき、撥水と防汚効果をもたせました。

 

パールトーン加工とは撥水と防汚機能をもたせる加工の事で、水や油の浸透を防ぐため汚れが付きにくく生地をガードしてくれます。

繊維の11本に効果が浸透するため、布地の特徴でもある通気性を損なう事がなく

風合いなどもほぼそのままです。

後加工がお勧め出来ない生地もありますが、気に入った張地に更に防汚や撥水加工を加えたいという場合にはとても有効な加工になります。

 

また、こちらのソファーは通常の同じタイプのソファーに比べて、横に長い設計にしたためか、軋み音がなる状態であったので、木部の補修も行い軋み音を無くしました。

 

【張替え前】

 

【張り替え後】

 

 


4.お客様から指定の生地ブランドで張り替えた事例

 ハンコック&ムーア/ HancockMooreのソファー 柄物生地で張り替え

 

 

 

・ご相談内容

 

3人掛けのソファーですが、張り替えを検討しています。

張り替えに使いたい生地が決まっているのですが、御社のホームページに載っていない生地になります。

その場合も生地の手配をお願い出来るのでしょうか?

 

・回答

 

はい、可能です。

弊社のホームページに記載の無いブランドや品番の生地でも、多くの場合は当方でお手配可能になりますので、生地の手配後に張り替えをさせて頂けます。

 

・結果

ドイツのダマスク柄の生地で張り替えたいという事で、生地のブランドを教えて頂き、その後に色を選んで頂き生地を手配させて頂きました。

 

また、普段はソファーに長く座る事もなく、お客様がご自宅に来られた際にソファーを使う事が多い為、普段は座面にカバーを掛けておきたいとの事で、共布で座面のカバーも作成させて頂きました。

座面下のスカートも無くしてほしいとの事で、スカートは張り替え時に取り除き仕様を変えました。

 

(張り替え前)

(張り替え後)

 


 5.自分だけのオリジナルカラーで革ソファーを張り替えた事例

  カッシーナのマラルンガソファー 張り替え

 

 

 

・相談内容

今回張替えをお願いするにあたり、気に入った革の色がサンプルブックの中に見当たらず

困っています。

何か良い案はないでしょうか?

 

目当ての色は既に決まっています。

 

・回答

革の張地サンプルの中にお気に召す色が無い場合は、革の種類を決めて頂きその革を基に

色をオーダーで作成することが可能で御座います。

色が既に決まっている場合は、その色のお写真やサンプルなどをいただけたらと思いますが

弊社のカラーサンプルも70色程度御座いますので、その中からお選びいただく形でも構いません。

通常の革の納期よりはお時間を頂きますが、好みの色での張り替えが可能となっております。

 

・結果

本革のカラーオーダーという形で、張り替え修理をご依頼いただき、通常よりは1か月ほど納期に時間は頂きましたが好みの色での張り替えをさせて頂きました。

 

(張り替え前)

(張り替え後)

 


 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

ソファーや椅子の張り替えを業者さんに頼んだ経験が無い、張り替えには興味があるけど何から考えたらよいか

いまいちパッとしないなどなど、修理や張り替えには様々な疑問も多いかと思います。

張り替えによって、ヘタってしまったクッションや、破れてしまったり、薄れてしまった生地も新しくよみがえあらせることが出来ます。

また、折れてしまったりガタついてしまった木部などの修理も同時に可能です。

 

ソファーや椅子は、リビングやダイニング、自分のお部屋などに欠かせない家具アイテムの一つです。

今回のこの記事や事例が、これから張り替えをご検討の方々の一つの参考になれば幸いです。